Top


スポンサードリンク

ブックマークプラス by SEO対策

グレーゾーン金利を知らないと利息を払いすぎてしまうかも?!

グレーゾーン金利をご存知でしょうか?

グレーゾーン金利とは、クレジットやローンの利息の制限をいっぱいまで上げて利息を取る金利の事です。

悪徳金融会社が、このグレーゾーン金利を悪用しているのです。
というか、その利息制限を当に越してしまった利息を顧客に払わせているのです。

しかし、払い過ぎた利息は返済要求することが出来ます。

日本には「利息制限法」という法律があるのですが、この法律で、年利の制限は15%〜20%までと決まっており、その上限を超える利息は無効であると決まっています。

悪徳金融会社はこの倍近くの利息を設定している所もあるようです。
許せません。

それではなぜ、年29%もの利息設定が平然となされているのでしょうか?

その理由は、罰則の対象になっていないからです。罰則の対象になるのは、「出資法」という法律によって定められている、年29.2%(貸金業者)を超えた場合です。

よく金融会社が出資法違反で逮捕されたというニュースが流れていますよね。この事です。

グレーゾーン金利の年間利息の事を知っておくと金融会社で借り入れする時に、20−30%以上の年間利息を取ろうとしている所は、ここは借りない方がいいと判断が出来ます。

この20%から29%までの年間利息間は、利息制限法で法律的な保護を受けることはできないが、罰則対象にはならない金利ということで、「グレーゾーン金利」と呼ばれています。

グレーゾーン金利というあやふやな法律ではなく、これいじょうの利息を取れば罰せられるときっちり決めた方が良いのではないかと思いますね。その動きは既に始まっています。

このグレーゾーン金利をめぐっては、社会問題にもなり、大きなニュースにもなりました。

平成18年1月、最高裁は、利息制限法を超える金利については、特段の事情がない限りは、返済の強制に対して、無効であるとの判断を下しました。

つまり、事実上グレーゾーン金利が無効であるという判決が下ったわけです。

これ以後は、グレーゾーン金利の撤廃に向けて、予定では2009年に撤廃されるよう、法整備が行われることになっています。
多重債務者の救済に繋がると判断されたため、撤廃という大きな動きになったのでしょう。

参考文献:キャッシュページ
http://cashpage.ddo.jp/contents-80.htm

タグ:    
posted by グレーゾーン at 21:00 | グレーゾーン金利とは?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。